COMMUNITY2009/12/02

クァイスの報告書 ~No.3~

久しぶりだな。クァイスだ。
ところで、リルティってのは、なんであんなに青臭いんだろうな?
オレがいつも寝泊りしている営舎じゃ、
いつもとれたて新鮮の生鮮食品のニオイが充満してるぜ。
おかげで昨日は、野菜スープの中で煮られる悪夢を見ちまった。
勘弁してほしいぜ! まったく!
 
お? 今日もリルティのお偉いさんから、何やら機密情報が入電してるみてぇだな。
-----
  Tactical Mission Report     Mission No.003

既に知っている者も多いと思うが、我々が属する「FFCC クリスタルべアラー」の情報は
モバイルサイトでも入手できる。

ここではゲームの情報はもちろん、待ち受けフラッシュやメールツール、
着うたの配信など、様々なコンテンツが豊富に取りそろえられている。

これから配信のコンテンツにも注目!

各々の携帯電話を「FFCC クリスタルべアラー」でコーディネイトすると
士気が上がること間違いなしだ。

興味があるものは以下よりアクセスすべし。

QRコードを読みとってアクセス!

ファイナルファンタジーモバイル アクセス方法
----------------------
●ドコモ
iMenu→メニューリスト→ゲーム→
ロールプレイング→
ファイナルファンタジー モバイル

●EZweb
au one→カテゴリ検索→ゲーム→
総合→ファイナルファンタジー モバイル

●SoftBank
メニューリスト→ケータイゲーム→
ロールプレイング→ファイナルファンタジー
----------------------

ファイナルファンタジーモバイルのPCサイトはここからだ。

健闘を祈る。

                       リルティ王国国防軍 広報局
-----

なるほど、面白くなりそうだぜ。
じゃ、みなさん、また今度。

COMMUNITY2009/12/01

From Creator

みなさま、こんにちは。
マッププランナー担当の岳井です。

今回の「FFCC クリスタルべアラー」は「とことん自由へ。」ということで
作り手も思うがままにゲーム開発をさせていただきました。(違)
私自身作っていてとても楽しかったわけですが─
その中でもこのセルキー水着ギャル、

あんな子や…

こんな娘も…

こんなギャルまで!

彼女たちにはとてもお世話になりました。(笑)

ネタに窮した時はとりあえず出しとけみたいなノリで、
完成してみればリルティお婆ちゃんに匹敵するほどの
ギャグキャラになってしまったように思います。

しかも宝箱に座っているセルキー♀に至っては
ゲーム的にはそんなに重要なキャラクターではないにも関わらず
専用エフェクトまで用意してもらっちゃいましたし・・・。
彼女たちのアピールは止まる事を知りません。

そんな裏のヒロインとも言うべき彼女たちですが
様々なミニゲームや勲章に関わっています。
クリアしたのに見た事が無いって方は是非とも探してみてください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
フィールドプランナー 岳井 政博

COMMUNITY2009/11/30

From Creator

こんにちは、企画の大園清子と申します。
「FFCC クリスタルベアラー」の中ではフィールドプランニングを担当しました。

今回はこの場で、開発していて印象に残っているフィールドについてお話させてください。


 ■第三位 王妃の庭・紅葉の集落の庭づくり

  誰でもゲーム中に庭が自由に造れる!というコンセプトで作ったフィールドです。
  自由にガーデニング
  細部まで自分の思ったとおりの庭を表現できるように、
  配置する時の操作性は、とてもこだわって造りました。

  王妃の庭は、ゴージャスな庭を表現できるようにするため、配置可能最大数を51個に
  したのですが、その全部を同じ種類のトピアリーにするとものすごい絵が表現できますw

  私のオススメの遊び方は、お花で自分の名前を描くことです。
  ピンクのお花の方で好きな人の名前を描けば、恋が成就するとかしないとか…(うそです)。

 ■第二位 シド工房地区 清掃モーグリ


  シド工房地区にあるものは何でも捨てられる!というのがコンセプトです。

  ある時期以降に、シド工房地区でダウンすると職務に忠実な清掃モーグリが
  やってきて即効ダストシュートに運ばれます。

  もちろんシドだって捨てられます。
  シドが…!
  
  一度ダストシュートに落ちた人々は、橋の街の工業排水ヘドロにまみれて帰ってきますが、
  あのヘドロの表現は担当してくださったエフェクトさんとこだわって作った思い出があります。

  もっと汚い感じで!もっと臭そうに!胞子みたいなの飛ばしましょう!とか…
  カメラを近づけて油っぽい光沢や、ヌラヌラ感を見ていただけたらうれしいです。
   ヘドロまみれで怒りに燃える人々…

  あのマップにいる全部の人々をヘドロまみれにすると異様な光景が楽しめます。

 ■第一位 王立図書館
  
  軽い気持ちで展示品を壊したら…

   ものすごいお金が減ってヒヤッ!
     ↓
   マップを出ると元にもどっててホッ!

  という上がり下がりを体験していただきたくてプランニングしたフィールドです。

  開発途中はお金が戻らなかったり、戻った額が減る前と違ってしまっていたり、
  バグにとても苦しみました。

  そのあたりの苦しさと、お金が減ってしまうという致命的なバグの危険性から
  お金を減らすことはもうやめようか…と思ったのですが、
  最終的に先輩プランナーさんのお力をお借りしたりして、
  何とか製品に入れることができました。
  怒られてもイタズラは止まらない!

  すごい勢いでマネーカウンターが減ったり増えたりする様は
  なかなか爽快だと思いますのでぜひ展示品を壊しまくり、
  大富豪にお金を恵んでもらいまくってください。

 
こんな感じです。
ほかにもたくさんたくさん、濃くて面白いフィールドがたくさんありますので、
ぜひぜひ歩いてさわって楽しんでいただければ幸いです!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
フィールドプランナー 大園 清子

COMMUNITY2009/11/27

From Creator

こんにちわ。
モンスター周りの企画を担当しましたバトルプランナーの山岸です。

皆さん、エリア平定してますか?
モンスターを全滅させて瘴気ストリームを閉じるとエリア平定となり、
ライフの最大値がアップするミルラの結晶が手に入ります。
世界を廻ってエリアを平定してどんどんレイルを強化していきましょう!

今回は平定難易度の高いエリアの攻略方法を載せちゃいますので、
是非参考にしてみてください。

●裏・レト高原
 なかなか倒せないゴブリンヒーラーやゴブリンサムライは
 持ち上げて瘴気ストリームに投げ込みましょう。
 なんと!一撃で倒すことができます。

●大雪原
 近づくと危険なキングベヒーモスですが、
 実はキングベヒーモスがメテオを呼んだ時こそがチャンスです。
 落ちてきたメテオを持ち上げてキングベヒーモスにぶつけてると
 大ダメージを与えられます。

●収穫の平原
 ポイントは鉄巨人です。
 ①2体いるうちの1体だけ鉄巨人を起こしましょう。
  寝ている鉄巨人の歯車をいじると鉄巨人が起き上がります。
背中の歯車をロックオン!


 ②鉄巨人の攻撃の隙をついてパンチを食らわせましょう。
  剣を振りきった後の硬直中にリモコン上振りです。
本体にロックオン後Wiiリモコンを振ろう


 ③ダウンして背中の歯車が外れそうになるので
  歯車をロックオンして持ちあげましょう。
  鉄巨人が立ちあがりますが
  歯車を取られて何もできず、レイルの言いなり状態です。
再度歯車をロックオンして引き寄せよう


 ④歯車を持ったままBボタンを押して能力を発動させましょう。
  Bボタンを押すと鉄巨人が強力な攻撃を発動し、周囲のモンスターを一掃できます。
周辺一帯に大ダメージ!

このような感じで、一見平定不可能に見えるエリアも
魔物の能力や周囲の環境を利用することで意外に簡単に平定できたりします。
もちろん攻略方法は一つではありませんので、
皆さんも色々試して自分に合った遊び方を見つけてみてください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
バトルプランナー 山岸岳史

COMMUNITY2009/11/26

From Creator

はじめまして。
「FFCC クリスタルベアラー」のイベントを担当している
プランナーの丹波と申します。

『イベント』といっても、別にスタッフのお誕生日会や
クリスマスパーティを主催している仕事ではありません。
いわんや「ベアラー発売お疲れ様~! ギロッポンでミーノーいこうぜ~!」
な~んていう、楽しいイベントに明け暮れている仕事では間違ってもありません。

『イベント』というのは、ゲーム中に語られるストーリーを
演出として表現する仕事のことをいいます。
例えば、ゲーム中に挿入される、映画のようなカットシーン。

1シーン1シーンに思いを込める!

カッコいいカメラワークと心を揺さぶる感動的なシーン、世界一ピュアなキス!
ドラマチックにゲームを盛り上げるこういった要素が、
いわゆるゲームの『イベント』なのです。

「あ、な~んだ、イベントって、ムービーのことか~」

と思った、そこのアナタ!
ちっちっち。それは半分正解で半分ハズレです。
例えば、ゲームのプレイ中、アナタがダンジョンに
キーアイテムを捕りに行くクエストを請け負ったとします。
そんなとき、大部分の人はこう思うでしょう

「え~、なんでそんなことしなきゃいけないの~、だり~っ」

でも、ちょっとまってください。そこで、主人公であるアナタのところに、
突然、飛びきりのカワイコちゃんがやってきて、こう言ったらどうしますか?

「洞窟にあるアイテムがないと、私はモンスターの生贄になって食べられてしまうの!
 勇者様! もしアイテムをもってきてくれたら、私、勇者様のしたいこと、
 な~んでもしちゃいます! だから、ねェ。オ・ネ・ガ・イ(ハートマーク)」

……はい、絶対、完璧に、今すぐ、なにがなんでも、洞窟に行きますよね。
僕は行きます。死んでも行きます。

え~と、何がいいたいかというと、そう、ズバリ!
これが『イベント』なのです!
『イベント』というのは、プレイヤーのみなさんがゲームに熱中できるように
プレイのテンションを上げるための『ゲームの演出』なのです。
だから、『ゲームの演出』は、単なる物語をなぞる
ムービーシーンだけに留まらないのです。

様々な演出が満載!

と、いうわけで、長々と説明してしまいましたが、
そんなかんじでゲームになくてはならない必須要素、それが『イベント』です。
ベアラーでも至る所に、みなさんを盛り上げる『イベント』を用意しました。
是非、そんな『イベント』を見ながらテンションを高めつつ、
FFCCクリスタルベアラー、楽しんでプレイして下さい。


……あ~、喋りすぎて喉が乾いた。
あ、板鼻さん、ギロッポンでミーノーいきましょう!

って……あれ?

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
イベントプランナー 丹波 豪人

COMMUNITY2009/11/25

クァイスの報告書 ~No.2~

まったく、レイルのヤツ、どこにいきやがった?
おっと、自己紹介が遅れたぜ。クァイスだ。

それにしても、リルティからの仕事っていうのも、なかなか大変だぜ。
特にデスクワークってのは、オレの柄じゃねェが……。
あのクリスタルベアラーがそこら中で暴れまわってくれるお陰で、
こっちは始末書の山だ! 勘弁してくれよ。まったく!

お? 今日もリルティのお偉いさんから、何やら機密情報が入電してるみてぇだな。

-----
  Tactical Mission Report     Mission No.002

巷を賑わわせているクリスタルべアラーの能力について報告をまとめた。
以下、心して読むこと。

狙いが正確
一番多い報告は、「ロックオンしたモノを吹きとばしたり、持ち上げたりできる。」ということだが、
それ以外に特筆すべき能力は、「持ち上げたものを正確に狙って投げることができる。」という点だ。

モノを持ち上げた後に…

モノを持ち上げた後に、ポインターをターゲットに向け、
ターゲットがなにものであるか分かったところで「Bボタン」
を押すことにより、
狙いを正確に定めて投げつけることが可能となる。

ポインターでターゲット。その後Bボタン!

魔物と対峙する時にはかなり役に立つ能力だが、こればかりは実践に勝るものはない。
まずはクリスタルべアラーになりきって試してくることが今回のミッションとなる。
健闘を祈る。

                       リルティ王国国防軍 広報局
-----

なるほど、面白くなりそうだぜ。
じゃ、みなさん、また今度。

COMMUNITY2009/11/24

From Creator

皆様こんにちは。
メインプログラマーを担当させていただいた赤座です。

FFCCシリーズに関わったのは初めてでして、
これまでは主にファンタジーとは無縁のフロントミッション(以下FMと記載)シリーズを
担当しておりました。

FM4、5と描画を担当していた為、今回の仕事でも描画周りを担当する事になり、
FM4でなかなか評判の良かった水滴描画を、ベアラーでも再現していたりします。
(FM4をプレイした事のある人なら同じ処理だと分かるかも?)

カメラに水滴が!

今回はディレクターから「Wiiで最高の映像」かつ「シームレスマップ」
という無茶振りを頂戴しており、システム設計者としては多大なプレッシャーでした(笑)。

しかしスタッフ全員の努力もあり、この無茶振りに応えることができたと思っております。
実際にプレイしていただけると分かると思いますが、オープニングから続くシーンは
通常プレイまで完全に切り替え無しで進行します。
(実はこのシームレス加減は、プロデューサーである河津の努力の賜物だったりします)

全てがシームレスに展開!

ここまでシームレスにプレイできるゲームはそれ程多くないと思いますので
ぜひ皆様ご自身の目で確かめてください。

フロミプログラマのこだわり(?)であるロード待ちをなくす設計で作ってありますので、
快適なプレイをお楽しみください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
メインプログラマー 赤座 清敬

COMMUNITY2009/11/20

From Creator

はじめまして、企画の服部と申します。

ベアラーには開発の早い段階で配属されたので、
いろいろな変化を主人公レイルと共に歩んで来ました。

開発中には、それはもうイロイロなハプニングが続出でしたが、
中でも印象深い出来事をご紹介します。

とある朝、出社してゲームを起動するとバグで全てのキャラクターがレイルに
向かって歩いてくるという怪現象が起きました。

最初の見た目には「人気者」になった感じだったので、
「あれ? こんな行動組んだっけ?」と思ってしばらく放置していたら、
キャラクター同士が徐々にくっついて【積み上がる】状態になりました。

これがその時のスクリーンショットです。↓
衝撃の現場を激写!
(注意:画像は開発途中の物です。)

現場はセルキーズギルドです、まるでトーテムポールのようになってます。

かなり面白かったのとキャラクターたちが寄ってくるのは、
実はレイル君の【カリスマ】という名の引力によるものだったのではという説も
ちらほらり。

そんな隠れたカリスマ性を持つレイル君ですが、
頑張ればモッテモテになれるチャンスがちゃあんとあるので、
ぜひモテまくってください。

ちなみに普通のモーグリはレイル君に寄ってきます。
モフモフのモテモテ、モフモテです。

私はモーグリを見つけ次第、とりあえず投げてます。
投げると可愛いリアクションをするので、すかさずカメラを主観視点に切り替え(Zボタン)、
(※操作の設定を変えていた場合はCボタンです)
モフモフした動きを見てうっとりします。

それだけでは飽き足らず、スクリーンショット(②ボタン)を撮って保存。

スクリーンショットは撮り始めるとハマります。
保存できる枚数に限りがありますが、イベント中でもカッコイイ所で止めたりしていると、
映画用の広告写真を撮っているカメラマンみたいな気分になれなくも無いはずです……たぶん。

景色も四季が楽しめるように春夏秋冬のマップをご用意させていただきました。
スクリーンショットの価値あり、どこへ行っても綺麗な景色が広がります。
スクエニクォリティです、背景デザイナーさんスゴすぎです。

観光気分でマップをめぐるのも、
クリスタルベアラーならではの遊び方の1つです。

私の気に入っている景色はセルキーズギルド。
セルキーズギルドには猫もいっぱいご用意しました、
全部の猫を探せたでしょうか?。
もはや何匹配置したのか覚えてないんですがw

すみません、うっかり自分を見失って長々と……、
皆さんもぜひカメラマンな気分でスクリーンショットを、
バシバシ撮ってみてくださいね。

お気に入りの場所で、はい!チーズ☆

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
フィールドプランナー 服部 弥生

COMMUNITY2009/11/19

From Creator

ビジュアルエフェクトを担当していた大野です。
魔法とかフィールド上の雨などのビジュアルを作るのが普段の仕事です。

ただ、クリスタルベアラーの開発者には、面白い人が多かったのでしょうか。
今までの経験に無いカテゴリーのエフェクトをいろいろ発注されて、
今回の開発は大変でした。以下はその例です。

■屈辱の瞬間
キラーハウンドの「生理現象」エフェクトです。
クリスタルベアラーではモンスターの挙動を楽しんでもらう方向性だったので、
まぁこれもアリかなぁと思いましたが「生理現象」をダイレクトに
ビジュアル化するのは今回が初めてでした。
ちなみにこれを担当したスタッフは質感の表現や蒸気の発生する
タイミングなんかをこだわって真剣に作ってました。
まさに屈辱の瞬間…!


■幽霊
開発の非常に忙しい時期にフィールドエフェクトのスタッフが
「幽霊の発注があった」と言うので「そんなふざけた発注したのは誰だ!」と
問い詰めてしまった思い出があります(ちなみに犯人は板鼻ディレクターでした)。
その後、幽霊の出現箇所も増えていって勲章の条件になったり、
実際に絵を見せてもらったら懐かしいキャラクターも登場しているので、
まぁ今から思えばアリなんですけども。
どこかで見かけたあの人たち…


■乳牛ビーム
プランナーさんからこの発注を聞いたとき、その方はとても忙しい時期でしたので
「この人、大丈夫かナ?」とすごく心配してしまいました。
データを渡した後もその方が「牛の乳部分」に丁寧にエフェクトを配置している姿を見て、
さらに心配の度合が深まりましたが、その人は現在も普通に仕事してるので
要らぬ心配だったようです。
まぁカカシと戦う時に便利だし、非日常こそがファンタジーなのでこれもアリですかね。
激しいビームは周囲の全てを襲う!


などなど他にも変な発注とこだわりが盛りだくさんのクリスタルベアラーですので、
ユーザーの皆様もフィールド上でいろいろと変なものを探してみてください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
ヴィジュアルエフェクトデザイナー 大野 茂幸

COMMUNITY2009/11/18

From Creator

皆さんこんにちは。
『FFCC クリスタルベアラー』、遊んでいただきありがとうございます。
フィールドプランニングを担当した松田です。

今回はクリスタルベアラーの世界で生活する
人々についてお話しさせていただこうと思います。

リルティ、クラヴァット、セルキー、そしてユークの四種族。

開発初期、街や村では会話を通じての情報収集やクエストの受諾、
バトルフィールドでは魔物と戦う、というオーソドックスなスタイルを踏襲していたのですが、
開発が進み、街もバトルフィールドもシームレスでつながった世界を歩いているうちに、
街や村の人々と、魔物に対するアプローチも同じようにシームレスに。
というコンセプトが固まりました。

クリスタルベアラーとして恐れられている存在である主人公レイルが
ふだん訪れた街や村でどう振る舞っているのか、
それを陰惨な形ではなく痛快に表現しようとした結果でもあります。
いたずら8割ってのもどうよ、という気はしますが。

痛快に吹き飛ばせ!

魔物と同じように扱うことで今作の人々の表現は苦労の連続でした。
レイルの能力で持ち上げたり投げ飛ばしたりした際のリアクションやボイスは、
ユーザの皆さんが痛々しく感じたり罪悪感を引きずったりしないよう、
いい塩梅のコミカルさを目指しチーム内で何度も試行錯誤を繰り返しました。
女性を持ち上げた時のスカートの中問題、地味にもめたなあ……。

その結果を楽しんでいただければ幸いです。

それともうひとつ…
もっと人々と会話したかった!という皆さん、ごめんなさい。

今回、人物にはテキストで極力「出自を語らせない」ことを意識しました。
AIで制御された人々はあちこち自由に歩き回ります。
客と売り子。母親と泣いている子供。衛兵どうしの間抜けないさかい。
役割を固定せず、見る人によってどのような関係性にも受け取れる、そんな作りを目指しました。

街や村のいたるところで一回性の、開発者も想定していないような関係が生まれることが多々あります。
レイルの能力が介入することでその構図もくるくる変わります。
街や村を訪れるたびに変化する人間関係、いろいろ想像して楽しんでもらえると嬉しいです。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS
フィールドプランナー 松田 友輔

| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... |