COMMUNITY2007/09/18

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

いよいよ今週はTGS2007です。

すでにお伝えしております通り、9月22日(土)、23日(日)の
一般公開日には、スクウェア・エニックスブースのFFCCリング・オブ・フェイトコーナーにて、
「グラディエーターズ in TGS2007」が開催されます!

このイベントに挑戦しようと思っている皆さんならモチロンもう
グラディエーターのクエストが遊べるようになっているとは思いますが、
なぜかクエストがリストに表示されない・・・、という方のために出現条件を
紹介しておきますと、マルチプレイでレラ・シエル(過去)のフィールドをクリアするだけ!
「パーティを作成」してみんなでクリアするのはもちろん、「ひとりで遊ぶ」でクリアしてもOKです!

これが出てればイベントにエントリー可能!

ただし、ひとりでもクリアしていない人がパーティーに入っていると
遊べませんので注意してください。

当日は、僕や板鼻さんもこっそり会場を訪れているかもしれません。

グラディエーターズに参加予定の方は、普段の練習(?!)の成果を発揮して
熱戦を繰り広げてくださいね!

イベントの詳細はコチラ

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/09/10

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

8月23日のブログでも紹介しました、ニンテンドーWi-Fiコネクションに
つなげると更新されることがある『本棚』は、
もう試してみて頂けましたでしょうか。

今回は、1週間ほど前にその『本棚』で紹介しました、
"敵のミサイルや弾やメテオ等も掴んで投げ返せる"
というスペシャルテクニックを、連続写真でお見せいたします。

この要領で是非お試しください!

タイミングがとても難しいですが、友達とマルチプレイする際に
披露すると、尊敬の眼差しかも!?

現在『本棚』はもう違う内容になってしまっていますが、
今後もいろんな情報を先行して掲載していきますので、
ぜひお見逃しなく!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/09/03

Director's voice

こんにちは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

今日から新学期の方も多いのではないでしょうか。
まだシングルプレイモードしか遊んでない方も、
まわりでRoFを購入したお友達を探して(もしくは買っていただいて!?)、
ぜひマルチプレイモードを体験してみてくださいね。

さて、先日ファミ通さんから「Ring of Fates」開発チーム宛てに、
クロスレビュープラチナ殿堂入りのお祝いということで、
ドンペリを頂きました。ありがとうございます。

ドンペリといえば、カッコイイお兄さんが「ドンペリ♪ドンペリ♪」と
マイクでしゃべりながら栓を開けたりする、とても高級なシャンパンなのです。
RoF開発チームでは、誰も飲んだことがありません。

しかも、キラキラと輝くプラチナのメダル付きです。
ちょうど世界陸上で盛り上がったタイミングでしたので、
みんなでかわるがわる首にぶら下げてみたりして楽しみました。

はじめてのドンペリの味は…?!

というわけで、しばらく飾った後は、チームの打ち上げで乾杯しようと思います。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/08/31

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。
みなさんRing of Fatesは楽しんで頂けておりますでしょうか。

ゲーム中に登場するモーグリの顔や体に好きな絵を描くことができる「モグペイント」ですが、
ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じてモーグリを交換できる
「おでかけモグ」の他にも、マルチプレイ時にはパーティメンバーの中の
誰かのモーグリがランダムでゲーム中に登場したりします。

どちらの方法で登場したモーグリも、そのモーグリ固有の
スタンプやアイテムを持っていることがありますので、
モーグリを鑑賞しつつ、話しかけたり持ち上げたりしてみてくださいね。

さて、突然の発表ですが、この「モグペイント」のコンテストを
開催することが決定しました!その名も“秋の「モグペイントコンテスト2007」”!

コンテストの受付開始は9月中旬を予定しています。後日、詳細が決定次第、
FFCCNews、オフィシャルサイトなどで発表しますので楽しみに待っていてください。

気になる賞品ですが、Ring of Fatesのアートディレクター兼「クリスタル
ベアラー」のディレクターである板鼻さんとゴニョゴニョ相談しまして、
優秀なデザインのモーグリはそのまま「クリスタルベアラー」に登場してもらおう!
ということになりました。

ぜひ今のうちからオリジナリティー溢れるボディーペイントを施して、
保存しておいてくださいね。どんなデザインのモーグリが出てくるか
スタッフ一同楽しみにしております。

自信作をお待ちしております!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/08/27

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

みなさんRing of Fatesは楽しんで頂けておりますでしょうか。
今日はとっておきの秘密を公開してしまいます。

この写真はTVCMでもお馴染みの1シーンですが、よく見ると・・・
おや、ユーリィの姿が面白いことに!

なんとユーリィの姿が!

そうなんです。
Ring of Fatesにはたくさんの装備品が登場し、
見た目もすべて変化するようになっているのですが、
中には、この画像のようにそのままの格好でシリアスなイベントを行うと、
せっかくの感動のシーンも爆笑になってしまうような物がたくさんあるので、
通常のシングルプレイのイベントシーンでは、
一時的に標準の姿に戻すようにプログラムしているのです。

でも面白いので、実はそのままの装備品で
イベントが始まるような要素も搭載していたりします。

というわけで、みなさんもこんなおもしろイベントを
見逃さないようにチェックしてみてくださいね。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/08/22

Director's voice

こんにちは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

みなさん長らくお待たせいたしました。
ついにFINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fatesが
明日8/23(木)発売となります!

また、FFCCリング・オブ・フェイトのTVCMイメージソングである、
aikoさんの新曲「星のない世界」のCDは本日発売です!

aikoさんのCDは本日発売!

今日はぜひ「星のない世界」をヘビーローテーションで聞きつつ、
もう一度FFCCNewsやオフィシャルサイトでRing of Fatesのおさらいをして
明日に備えてください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/08/13

Director's voice

こんにちは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。
いよいよ8/23の発売まであと10日となりました。

今月から全国のDSステーションで「シングルプレイモード」の冒頭部分を
体験することができますが、みなさんもうプレイして頂けましたでしょうか。

最初のボスを倒す部分までが体験できますが、DSステーションの制限上、
10分間プレイすると途中でも強制的に終了してしまいますので、
もしかしたらイベントやチュートリアルをゆっくり見ていると
ボスまでたどり着かないかもしれません。

そんな時は、ぜひもう一度並んで、
今度はスキップできるイベントはスキップしつつプレイしてみてください。

とはいえ、最初の10分では、まだ仲間と出会う前ですし、
魔法の登場もなく、ユーリィが使用できる技もまだ限られています。
体験版では本編の全貌の数パーセントもお伝えできないのが残念なところですが、
続きは店頭PVや雑誌記事などでご確認頂き、
発売日まで今しばらくお待ちください。

今日からテレビCMもスタートしています。
それに伴い、FFCCNewsでもINFORMATIONにてCM公開をしました!
また、FFCCオフィシャルサイトもリニューアルしてますので、
ぜひアクセスしてみてくださいね。

シングルプレイモード篇の冒頭はこのカット!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/08/06

Director's voice

こんばんは。Ring of Fatesディレクターの紙山です。
そして今回はメインプログラマーの紙山としての登場です。

Ring of Fatesでは、バトルやイベントといったゲーム周りのプログラミングと、
BG・キャラ・エフェクト・サウンドといったオーディオビジュアル周りの
プログラミングを担当しています。

ジャンプフェスタやスクウェアエニックスパーティなど、
プレイアブル出展するイベントの直前になると、
デザイナーやサウンドの各セクションリーダーが、
プログラマーやプランナーの周りをウロウロし始めます。

”このデータがまだ組み込まれていない”とか”このデータの使い方が違う”
などといった、お怒りの・・・あ、いや、有難いご指摘がほとんどなのですが、
この時期のプランナーやプログラマーは、みんなそれぞれ追い込まれていて、
”それどころじゃない”状態になっています。

なので誰かがブースに近づいてくると、
みんな心の中では「自分じゃありませんように」と祈るわけです。

このウロウロ現象が起こると、「ああ、締め切りが近いんだなあ・・・」などと
微笑ましくも思えたりするのですが、ただの現実逃避です。

それではウロウロ常習犯(失礼)の3人をご紹介します。
ブログにも登場している、モーションの菊地さん、エフェクトの大野さん、
そして初登場の効果音の伊勢さんです。

ウロウロ3人組

ともにゲーム制作のワークフローの中では、末期に激烈に忙しくなるセクションであり、
データの数も膨大であるため、まだ未実装・未解決のものが大量に発生するわけです。

伊勢「紙山さーん。○○○がうまく鳴らないみたいなんスよぉ」
紙山「あ、いまちょうどそこ調べてたんですよ。カタカタカタ。
   (心の声:本当は今は違うところのプログラミングしている)」
伊勢「本当スかぁ。お願いしますよ。」
紙山「了解でーす。次の方どうぞ。カタカタカタ。」
菊地「なんか△△△のモーションがおかしな動きになるんですけど(怒)」
紙山「マジですか?至急調べますね。カタカタカタ。
   (心の声:□□□のほうが優先度は高いから先にそっち調べようっと)」
大野「×××のエフェクトの表示がヘンなんです。使い方間違ってますかねぇ。」
紙山「う~~~~ん。
   (心の声:ああ、それはバグ※だな。あそこ1行直せば直るな)
   ちょっと謎ですけど調べておきますー。他のエフェクトの作業しててくださいー。」

このように、華麗に受け流しつつ、あ、いや、華麗に引き受けつつ、
優先度の高いものから仕事をこなしていかなければいけません。

どのセクションのオーダーやリクエストにも満遍なく答えるために、頭の中は
マルチスレッド並列プログラミングで動いています。

※バグ:コンピュータプログラムに含まれる誤りや不具合のこと。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/07/30

Director's voice

こんにちは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。
メニュー全般と一部のロケーションを担当しているプランナーの桑田さんです。

モグペイントチェック中!

今回のメニューはDSならではのタッチスクリーン機能を生かしたものに
なっていますが、アクションゲームですので、タッチペンを取り出さずとも、
DSを持ったまま親指でポンポンッっと軽快に選択可能で、
寝転がりながらでもプレイできるようにしよう、
というコンセプトがあったため、そのメニューデザインには相当の苦労がありました。

その甲斐あって、非常に満足のいくインターフェースに仕上がりました。

開発内でのテストプレイでは、イスを並べて仰向けになったりなど、
ものすごくだらしない格好でプレイしており、その姿を(さすがに)お見せできないのが
残念なところです。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/07/23

Director's voice

こんばんは。Ring of Fatesディレクターの紙山です。
本日は、エフェクトリーダーの大野さんです。

DS史上最強のビジュアルを目指そう、という目標はありましたが、
なにもここまで頑張らなくても・・・というくらい気合の入った
エフェクトが出来上がってきてビックリしています。

バトルが前作を遥かに超えるアクション数な上に、
すべてのイベントがリアルタイムポリゴンなので、すごい数のエフェクトなのですが、
それを貼り付ける担当プランナは皆うれしい悲鳴を上げておりました。

うーん、ただの悲鳴なのかも・・。

気合の入ったエフェクトチームのリーダーです

そんな悲鳴の中生まれたFFCC Ring of Fates。
いよいよあと一ヶ月です!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

| 1 2 3 |