COMMUNITY2007/09/28

From Staff

9/19(水)よりエントリー開始となりましたモーグリペイントコンテストですが、
本日は改めて入賞者への賞品をご紹介いたします!

・「FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS」に登場するモーグリのデザインとして採用!もちろん、スタッフロールへの掲載も予定されています。

また、デザインが採用された方へは副賞として
「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト“Gemini Edition”」
をプレゼント。

・「FFCC リング・オブ・フェイト “Gemini Edition”」
クリスタルホワイトの本体をベースに、ステンドグラスのモチーフが施された、オリジナルデザインのニンテンドーDS LiteとFFCCリング・オブ・フェイトのソフトがセットになった同梱版となっております。限定生産品のため既にお店では入手困難な一品!購入を検討されていた方や、入手できなかった方は、コンテストにエントリーして、是非この機会にゲットしてください。

・「FFCC リング・オブ・フェイト サイン入りアートパネル」
こちらは先日行われた東京ゲームショウ2007の「グラディエーターズ in TGS2007」の賞品にもなったアイテムです。イベント以外での入手方法をお問い合わせ頂くなど、大変好評でしたので、改めて登場となりました。

・「FFCC リング・オブ・フェイト モーグリ・ステンドグラスマスコット」
こちらも大人気のマスコット。より多くの方にお届けできるよう再生産しておりますので、どしどしご応募下さいね。

また、入賞者全員に「モグスタンプワッペン」をプレゼント!

応募の締め切りは"10月15日(月)午前0時まで"!期間中であれば何度でも、チャンスがありますので、お気に入りのデザインが完成したら早速エントリー!
※何度でもご応募頂けますが、最新のエントリーのみ審査対象となります。
※エントリーにはニンテンドーW-Fiコネクションへの接続環境とメールアドレス(携帯メール不可)が必要となります。

エントリーは秋の『モグペイントコンテスト2007』エントリー専用ページから!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/27

From Staff

発売から一ヶ月が経過し、だいぶキャラクターが強くなってきた方も
たくさんいるかと思いますが、装備品に付くそうび特殊効果は
有効に使えていますでしょうか?

今回は、キャラクターの成長とそうび特殊効果に関係する
ちょっと得する面白い情報をここでお知らせします。

ある程度キャラクターを育てた後に、そうび特殊効果『アーム強化』のついた装備で
敵に挑むと、今まで持ち上げられなかった重たい敵が持ち上げられるようになります。

更に、『アーム強化』のそうび特殊効果を最大まで高めれば
こんなに巨大なボスでも持ち上げることが可能に!

持ち上げて味方を援護?!

中には持ち上げることができないボスも存在しますが、
ボスが攻撃を繰り出す直前に持ち上げて仲間のピンチを救ったり、
持ち上げたまま壁にぶつけて攻撃するなど、
普段はできない豪快な技を使って戦ってみましょう!

『アーム強化』のそうび特殊効果は、アーマー系や拳法着などに
「ルビー」系の宝石を追加素材として加えるとつきやすくなっていますので、
是非試してみてくださいね!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/26

From Staff

東京ゲームショウ2007で皆様に体験して頂いた「ボォォスラァァァッシュ!トライ」ですが、
FFCCリング・オブ・フェイトは、ボスラッシュ以外にも対戦・協力タイプともに
多数のクエストが用意されています。

ということで、本日は「RoFスタッフに人気のクエスト!BEST3」を
公開したいと思います。


第3位 ボスラッシュ
協力タイプのクエストの中でも、特に高いチームワークが要求されるクエスト。
ゲームショウで多数の方に試遊して頂き、20分の制限時間内で全15体中14体まで
進んだチームは見かけましたが、最後までクリアできたチームはついに現れませんでした。
スタッフの中にはたった2人で最高難度の「ボォォスラァァァッシュ!」を
クリアしたツワモノもいるとか!


第2位 星祭り
星型魔石をかついで逃げ、一定時間ごとに加算されるポイントを競い合う
対戦タイプの弱肉強食クエスト。プレイヤーの性格が露骨に出てしまうため、
時には目を覆いたくなるような醜い争いが繰り広げられることも!


第1位 グラディエーター
東京ゲームショウ2007でのイベントにもなった、対戦タイプのクエスト。
そこにいる者たちがただひたすら戦い合うという、単純明快かつ実力がモノを言う
勝負の世界で、自分が育てた自慢のキャラクターを思う存分お披露目できるのが
一番人気の理由のようです。


スタッフ間でも人気の高かったクエストをたくさんの人に遊んでもらおう!ということで、
あのようなイベントを企画してみましたが、楽しんで頂けましたでしょうか?

普段はなかなか複数人でのマルチプレイの機会がない方も、どんどん仲間を増やして
マルチプレイを遊び尽くしてくださいね。

クリア目指して今日も練習!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/25

東京ゲームショウ2007レポート

大盛況のうちに幕を閉じました東京ゲームショウ2007

一般公開日は大変な混雑となりましたが、そんな中スクウェア・エニックスブース"FFCCリング・オブ・フェイト試遊エリア"へご来場頂きました皆様、「グラディエーターズinTGS2007」へご参加頂いた皆様、ありがとうございました。また、ご来場頂いたにも関わらずエントリーに漏れてしまった方々にはこの場を借りて改めてお詫び申し上げます。

さて、2日間にわたって開催されたグラディエーターズinTGS2007ですが、総勢48名の熱いバトルが幕張メッセで繰り広げられました。

参加キャラクターの内訳は、

クラヴァット 21名
セルキー  13名
リルティ  7名
ユーク  7名

となりました。シングルプレイモードの主人公でもあるクラヴァットはやはり一番人気。

今回イベントのみの特別ルールとして、4人対戦で制限時間20分。制限時間内は何度でも再戦可能としました。また、対戦中のレイズは禁止とし、戦闘不能になったキャラクターは戦闘不能状態でお邪魔役としての参加となりました。

対戦結果ですが、こちらもクラヴァットの勝率が断トツに高く、その次がセルキー、リルティ、ユークと続きました。

クラヴァットはチャージアタックやチェインアタック、魔法攻撃などを駆使しバランス良く戦うタイプが多く、セルキーはチャージブレイクの5ウェイショットを全弾ヒットさせて一気に沈めるなど、種族の個性に応じた熱い戦い方が繰り広げられました。

中でもユークの高速マジックパイルや常時バリア、リルティの巧みなポットアタックなど、見学していた開発者もうなる程のテクニックの持ち主が多く、会場を沸かせていました。

おめでとうございます!

エントリーされた方の多くはキャラクターレベルが90代とハイレベルでしたが、レベル50~99の戦いではレベル50のリルティがレベル53~64のキャラクターに勝利するシーンなども見られました。レベルだけでなく、武器や防具、そうび特殊効果などの組み合わせが勝敗を左右する大きなポイントとなるようです。

グラディエーターのクエストはマルチプレイでレラ・シエル(過去)のフィールドをクリアすることでプレイ可能となりますので、是非お友達を誘ってこの熱いバトルを体験してみてくださいね。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/22

東京ゲームショウ2007レポート

2日間のビジネスデーを終え、いよいよ一般公開が始まりました東京ゲームショウ2007!

会場、スクウェア・エニックスブースともに初日より大盛況となりました。
混雑の中スクウェア・エニックスブース、FFCCリング・オブ・フェイト試遊エリアへご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

さて、本日より開始となりました「グラディエーターズ in TGS2007」ですが、こちらも多くのFFCCリング・オブ・フェイトプレイヤーの方々にお越し頂き、猛者達の熱い戦いにイベントゾーンは大変な盛り上がりとなりました!

4名の猛者達

途中FFCCリング・オブ・フェイトのディレクター紙山も登場し、参加者のプレイヤースキルの高さと皆さんの熱気にただただ感激しておりました。

明日も登場予定です

明日が最終日となる東京ゲームショウ2007&「グラディエーターズ in TGS2007」
今日以上の熱いバトルを繰り広げてくれる挑戦者のご参加お待ちしております。
また、猛者達の熱い宴を是非会場にてご覧ください!

※本日は機材の不調により一時的にイベントが中断となる回があり、参加者をはじめご見学の皆様方にはご迷惑をおかけしまして大変申し訳御座いませんでした。改めてお詫び申し上げます。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/21

東京ゲームショウ2007レポート

明日より一般公開日がスタートとなります、東京ゲームショウ2007!

明日、明後日の一般公開日にいよいよ開催される「グラディエーターズ in TGS」の準備は整いましたか?いま一度「グラディエーターズ in TGS」の詳細をお知らせしますので、参加をご希望される方はもちろんのこと、猛者たちの熱い戦いを実際にこの目で見てみたい!という方々も開催概要をご確認のうえ是非東京ゲームショウ、スクウェア・エニックスブースのFFCCリング・オブ・フェイト試遊エリアへお越しください。

「グラディエーターズ in TGS」開催概要
マルチプレイモードで一定条件を満たすとプレイ可能になるクエスト
「グライディエーター」で、プレイヤー同士が戦いを繰り広げ、生き残りをかける
「グラディエーターズ in TGS2007」の開催が決定致しました!


●「グラディエーターズ in TGS2007」イベント概要

開催日 :9月22日(土),23日(日) ※TGS一般公開日のみ
開催時間:
 ①12:00~(参加可能レベル:50~99)
 ②14:00~(参加可能レベル:70~99) ※レベル69以下の方はご参加頂けません。
 ③16:00~(参加可能レベル:90~99) ※レベル89以下の方はご参加頂けません。

募集人数:各回8名(チームでの応募も大歓迎!)

参加条件:
 ・FFCCリング・オブ・フェイトのソフトをお持ちの方
 ・マルチプレイモードのクエスト「グラディエーター」を受けることが既に可能な方。
 ・マルチプレイモードのキャラクターレベルが50以上の方

「グラディエーターズ in TGS2007」特別ルール:
 ・制限時間は20分です。一度勝負がついても、20分以内であれば何度でも再戦可能です。
 ・装備品に規制はありません。各プレイヤーにお任せします。
 ・他キャラクターへのレイズは禁止とします。
 ・戦闘不能になってもキャラクターは自由に操作して構いません。
 ※イベント時の結果はお手持ちのソフトにセーブされません。


【補足事項】
参加をご希望の方は、エントリーシートに必要情報をご記入頂きます。その場で参加条件の確認を行い、参加人数、レベルなどをマッチングした上で参加可能となった場合、お客様のソフトをお預かりしエントリー完了となります。

エントリーは当日分のみ有効となります。エントリー人数が規定数に達し次第エントリー受付は終了させて頂きます。マッチングによっては規定人数に達していなくても、ご参加頂けない場合がございますので、ご了承下さい。


【賞品】
参加賞&最強プレイヤーにはここでしか手に入らない素敵な記念品をプレゼント!

 参加賞:モーグリ・ステンドグラスマスコット
 グラディエーターズ賞:FFCCリング・オブ・フェイト サイン入りアートパネル
 No1グラディエーターズ賞:FFCCリング・オブ・フェイト オリジナル・サウンドトラック

※「No1グラディエーターズ賞」は20分間の制限時間中、1戦目に他3人のプレイヤーを
 撃破し、最後の1人となったプレイヤーのみに差し上げます。
 「グラディエーターズ賞」は2戦目以降の勝者と、20分で勝敗がつかなかった際に
 生き残っているプレイヤー全員に差し上げます。

グラディエーターズ賞のFFCCリング・オブ・フェイト サイン入りアートパネルですが、現物はコチラとなります!

板鼻直筆モーグリの姿も?

本作のキャラクターデザイナー板鼻利幸が描いた「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト“Gemini Edition”」のパッケージにもあしらわれているイラストの美麗アートパネルに板鼻自身が直筆のサインを入れた一品となっております。

正真正銘直筆です。

グラディエーターズ賞は2戦目以降の勝者と、20分で勝敗がつかなかった際に生き残っているプレイヤー全員に受賞のチャンスが御座いますので、皆さんふるってご参加ください。
スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/20

東京ゲームショウ2007レポート

本日より開催となりました東京ゲームショウ2007!

本日に続き明日もビジネスデーとなり一般のお客様はご来場頂けませんが、
22日(土)、23日(日)の一般日に先駆けて、FFCCリング・オブ・フェイトのブースを紹介したいと思います。

ステンドグラスは写真撮影OKです!

5月に行われたSQUARE ENIX PARTYで展示し、大変好評を頂いたユーリィとチェリンカが描かれたステンドグラスがお出迎え。向かって右隣は「チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮」、その隣は「FFT-A2」の試遊エリアとなっています。

ステンドグラスの左隣がFFCCリング・オブ・フェイトの試遊エリアとなります。

シングル&マルチ試遊コーナー

こちらはシングルプレイモード、マルチプレイモードの試遊ゾーンです。(写真は開場前の準備中。)シングルプレイモードは物語の最初からプレイ頂けます。マルチプレイモードはいくつかのクエストと序盤に登場するフィールドの中からプレイ頂けます。FFCCリング・オブ・フェイトをプレイしたことが無い方に特におススメの試遊ゾーンです。


ボスラッシュ&グラディエーターズはコチラ!

こちらは既にFFCCNewsやオフィシャルサイトでもお知らせしている「ボスラッシュ」の試遊ゾーンです。
「ボスラッシュ」をまだプレイしたことが無い方、日ごろ磨いたプレイテクニックを披露したい方などにおススメの試遊ゾーンです。また、22日(土)、23日(日)の一般日に行われる「グラディエーターズ in TGS」もこちらのゾーンで行われます。

「グラディエーターズ in TGS」のエントリー&「モグスタンプ」ワッペン配布コーナーは「ボスラッシュ」試遊ゾーンの左側に設置されています。

FFCCリング・オブ・フェイトを体験したことがない方はもちろん、既にFFCCリング・オブ・フェイトマスターを自負する皆さんも、試遊やイベントなどお楽しみ要素盛りだくさんのFFCCリング・オブ・フェイト試遊エリアに是非遊びにきてくださいね。

スライム&チョコボ
スクウェア・エニックスブースの場所はスライムとチョコボのバルーンが目印!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

INFORMATION2007/09/19

"秋の「モグペイントコンテスト2007」"エントリー受付開始!

"秋の「モグペイントコンテスト2007」"本日よりエントリー受付開始!

「モグペイント」とは、FFCCリング・オブ・フェイトに登場するFFシリーズお馴染みのマスコット「モーグリ」の毛の色を変えたり、顔や体に絵を描いたり自由にペイントすることができるシステムです。

秋の「モグペイントコンテスト2007」ではニンテンドーWi-Fiコネクションの機能を利用してユーザーの皆さんからオリジナルのペイントデザインを施したモーグリを募集いたします。

ご応募頂いたデザインは本作のアートディレクター板鼻利幸をはじめ、開発者によって選考を行い、優秀なデザインはWii専用タイトルとして制作中のFFCCシリーズ次回作、
「FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES THE CRYSTAL BEARERS」に登場するモーグリのデザインとして採用される予定です。

他にも「ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト“Gemini Edition”」や「FFCC リング・オブ・フェイト サイン入りアートパネル」「モーグリ・ステンドグラスマスコット」など各賞に応じてFFCCリング・オブ・フェイトにちなんだ素敵なグッズをプレゼント!全国のモグペマスターの皆さん、ふるってご応募下さい。

応募期間:本日~10月15日(月)午前0時まで

※エントリーにはニンテンドーW-Fiコネクションへの接続環境と連絡先としてメールアドレス(携帯メール不可)が必要となります。

エントリーは秋の「モグペイントコンテスト2007」エントリー専用ページから!

※"秋の「モグペイントコンテスト2007」"エントリー受付は終了いたしました。
  多数のご応募、ありがとうございました!
  只今審査中ですので、結果をお楽しみに!

COMMUNITY2007/09/19

From Staff

本日、FFCCリング・オブ・フェイトのオリジナルサウンドトラックが発売になりました!
サウンドトラックには、ゲーム中の全BGMのほか、
FFCCリング・オブ・フェイトのコンポーザーである谷岡久美が演奏する
ピアノアレンジバージョン『Memories of Ring of Fates』をボーナストラックとして追加収録!
ピアノの美しい旋律と共に、
ゲーム中の名場面の数々が甦ってくるような素敵な一曲となっています。
是非、ゲームを彩るサウンドに耳を傾けてみてくださいね!

コチラで一部楽曲の視聴も出来ます!

  ◆谷岡久美からのコメント◆
  FFCC RoF サウンドトラック
  おかげさまで、いよいよ本日発売です!
  ゲームで思いっきり楽しんでもらったあと、
  このサントラを聴いて余韻に浸っていただいて、
  また更にゲームで遊んで、また聴いてもらって・・・と
  ゲーム共々、末永く楽しんで戴けたらと思います!

こちらのサウンドトラックはTGS2007の スクウェア・エニックス MUSIC CD SHOPでも購入可能です!
更に、スクウェア・エニックスブースのFFCCリング・オブ・フェイトコーナーで
開催される「グラディエーターズ in TGS2007」の賞品としても登場しますので、是非お楽しみに!

また、明日9/20(木)にはFFCCリング・オブ・フェイトの公式コンプリートガイドが発売になります。
シングルプレイモードの全フィールド攻略やマルチプレイモードの全クエストを紹介。
もちろん、欲しかった装備品の入手に役立つ、武器や防具、レシピ、素材のデータも一挙公開!
是非アイテム収集の参考にしてみてください!
その他、開発者へのインタビュー、設定画を公開など豪華な内容となっております。

ジャケットはこちら!

それぞれの詳細はINFORMATIONをご覧下さい。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

INFORMATION2007/09/19

FFCC リング・オブ・フェイト オリジナル・サウンドトラック 本日発売!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fatesのサウンドトラックが本日遂に発売!
ゲーム内の全BGM56曲に加え、ボーナス・トラックとして谷岡久美自身が演奏する“ピアノアレンジVer”を収録!!
ジャケットにはメインキャラクターデザインをつとめる板鼻利幸による、描き下ろしイラストを使用!
古き良きファンタジーRPG を想起させる、谷岡久美ならではのメロディックでクラシカルな旋律を是非オリジナル・サウンドトラックでご堪能下さい。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
Original Soundtrack
価格   :2,100円(税抜2,000円)
品番   :SQEX 10101
収録曲  :全57曲
発売元  :株式会社スクウェア・エニックス

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates Original Soundtrack

「FFCC リング・オブ・フェイト オリジナル・サウンドトラック」特設サイトはコチラ

INFORMATION2007/09/19

FFCC リング・オブ・フェイト 公式コンプリートガイド 明日発売!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fatesの世界をコンプリートした一冊が遂に明日発売です!

シングルプレイモードのキャラクター紹介や全フィールドの攻略に加え、
マルチプレイモードの全クエストを、マップを交えながら紹介!
両モードでの全モンスターデータ、全装備品、全レシピのデータを一挙公開。
モグスタンプの詳細や未公開設定画、開発者のインタビューを掲載した充実の一冊!

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト
公式コンプリートガイド
価格    :1,400円(税抜1,333円)
仕様    :A5版 352ページ
監修・発行:株式会社スクウェア・エニックス

FFCC リング・オブ・フェイト 公式コンプリートガイド

COMMUNITY2007/09/18

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

いよいよ今週はTGS2007です。

すでにお伝えしております通り、9月22日(土)、23日(日)の
一般公開日には、スクウェア・エニックスブースのFFCCリング・オブ・フェイトコーナーにて、
「グラディエーターズ in TGS2007」が開催されます!

このイベントに挑戦しようと思っている皆さんならモチロンもう
グラディエーターのクエストが遊べるようになっているとは思いますが、
なぜかクエストがリストに表示されない・・・、という方のために出現条件を
紹介しておきますと、マルチプレイでレラ・シエル(過去)のフィールドをクリアするだけ!
「パーティを作成」してみんなでクリアするのはもちろん、「ひとりで遊ぶ」でクリアしてもOKです!

これが出てればイベントにエントリー可能!

ただし、ひとりでもクリアしていない人がパーティーに入っていると
遊べませんので注意してください。

当日は、僕や板鼻さんもこっそり会場を訪れているかもしれません。

グラディエーターズに参加予定の方は、普段の練習(?!)の成果を発揮して
熱戦を繰り広げてくださいね!

イベントの詳細はコチラ

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/09/14

From Staff

本日は宣伝スタッフからのお知らせです。

オフィシャルサイトやINFORMATIONで本日から告知を開始しましたが、
幕張メッセで行われる「東京ゲームショウ2007」での出展内容を発表致しました。


●その1 「グラディエーターズ in TGS2007」を開催!
9月22日(土)、23日(日)の一般公開日のみですが
マルチプレイのクエスト「グラディエーター」で生き残りをかける
「グラディエーターズ in TGS2007」を開催することになりました。

ささやかながら賞品もご用意しておりますので
コツコツ育てた自慢のキャラ(レベル50以上!)で是非ご参加ください。
レベルが50に達していないキャラクターや、装備に自信のないキャラクターは
ゲームショウまでにしっかり育てて準備を整えてきてくださいね。
もちろん猛者同士の熱いバトルを見たい!という見学者の方も大歓迎です。
スタッフ一同、たくさんの皆様の来場をお待ちしております!
レベル50以上の猛者たち集まれ!
 ※「グラディエーターズ in TGS2007」は、ソフトをお持ち頂かないと
  エントリーができません。詳細はINFORMATIONでご確認ください。


●その2 「ボォォスラァァァッシュ!トライ」コーナーを設置!
1人ではプレイできない協力クエスト「「ボォォスラァァァッシュ!」に挑戦できる
「ボォォスラァァァッシュ!トライ」コーナーを設置します!
こちらはイベント「グラディエーターズ in TGS2007」開催時間外ならいつでも参加可能です。
「ボォォスラァァァッシュ!」を未体験の方はぜひこの機会にチャレンジしてみてください。
迫りくるボスをすべて撃破できるか?!
 ※「ボォォスラァァァッシュ!トライ」は、ソフトをお持ち頂く必要はありません。


●その3 「モグスタンプワッペン」を配布!
TGS開催期間中に「FFCCリング・オブ・フェイト」のソフトを
お持ち頂いた方に、「モグスタンプワッペン」(布製シール)を配布予定です。

このワッペンは「マルチプレイの仲間を募集中!」という目印です。
普段複数人でのマルチプレイをする機会が少ない方や
いつもと違うメンバーでマルチプレイを楽しみたい!という方は
このワッペンをもらってマルチプレイの仲間を探してみてくださいね。


上記以外にも、シングルプレイモード&マルチプレイモードの試遊台を
それぞれご用意しております。
まだ「FFCCリング・オブ・フェイト」をプレイしたことの無い方も
ぜひお気軽にお立ち寄りください。


FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

INFORMATION2007/09/14

「グラディエーターズ in TGS2007」開催決定!

マルチプレイモードで一定条件を満たすとプレイ可能になるクエスト
「グライディエーター」で、プレイヤー同士が戦いを繰り広げ、生き残りをかける
「グラディエーターズ in TGS2007」の開催が決定致しました!


●「グラディエーターズ in TGS2007」イベント概要

開催日 :9月22日(土),23日(日) ※TGS一般公開日のみ
開催時間:
 ①12:00~(参加可能レベル:50~99)
 ②14:00~(参加可能レベル:70~99) ※レベル69以下の方はご参加頂けません。
 ③16:00~(参加可能レベル:90~99) ※レベル89以下の方はご参加頂けません。

募集人数:各回8名(チームでの応募も大歓迎!)

参加条件:
 ・FFCCリング・オブ・フェイトのソフトをお持ちの方
 ・マルチプレイモードのクエスト「グラディエーター」を受けることが既に可能な方。
 ・マルチプレイモードのキャラクターレベルが50以上の方

「グラディエーターズ in TGS2007」特別ルール:
 ・制限時間は20分です。一度勝負がついても、20分以内であれば何度でも再戦可能です。
 ・装備品に規制はありません。各プレイヤーにお任せします。
 ・他キャラクターへのレイズは禁止とします。
 ・戦闘不能になってもキャラクターは自由に操作して構いません。

最強のキャラで最後まで生き残れ!


【補足事項】
参加をご希望の方は、エントリーシートに必要情報をご記入頂きます。その場で参加条件の確認を行い、参加人数、レベルなどをマッチングした上で参加可能となった場合、お客様のソフトをお預かりしエントリー完了となります。

エントリーは当日分のみ有効となります。エントリー人数が規定数に達し次第エントリー受付は終了させて頂きます。マッチングによっては規定人数に達していなくても、ご参加頂けない場合がございますので、ご了承下さい。


【賞品】
参加賞&最強プレイヤーにはここでしか手に入らない素敵な記念品をプレゼント!

 参加賞:モーグリ・ステンドグラスマスコット
 グラディエーターズ賞:FFCCリング・オブ・フェイト サイン入りアートパネル
 No1グラディエーターズ賞:FFCCリング・オブ・フェイト オリジナル・サウンドトラック

※「No1グラディエーターズ賞」は20分間の制限時間中、1戦目に他3人のプレイヤーを
 撃破し、最後の1人となったプレイヤーのみに差し上げます。
 「グラディエーターズ賞」は2戦目以降の勝者と、20分で勝敗がつかなかった際に
 生き残っているプレイヤー全員に差し上げます。


また、上記イベント開催時間外は、次々と現れるボスを撃破していく最強のクエスト
「ボォォスラァァァッシュ!」をスタッフと一緒にお楽しみ頂ける
「ボォォスラァァァッシュ!トライ」コーナーを設置しております。

「ボォォスラァァァッシュ!トライ」の制限時間は20分。
用意されたキャラクターの中から好きな種族/性別を選んで、次々と表れるボスを
制限時間内に撃破せよ!(ソフトをご用意して頂く必要はありません)

1人では遊ぶことができない協力型クエスト「ボスラッシュ」のVeryHardモード
「ボォォスラァァァッシュ!」を体験できるチャンス!
こちらもぜひふるってご参加ください。


スクウェア・エニックス 東京ゲームショウ特設サイトはコチラ

INFORMATION2007/09/14

ゲームショウでもマルチプレイを楽しもう!

東京ゲームショウ開催期間中、「FFCCリング・オブ・フェイト」試遊コーナーに
製品版ソフトを持ってお越し頂いた方に、「モグスタンプワッペン」を差し上げます。

みんなでマルチプレイを楽しむクポ!


このワッペンを目印に仲間を見つけて、会場でもマルチプレイを楽しみましょう!

COMMUNITY2007/09/13

From Creator

ブログをお読みのみなさま、はじめまして。
Ring of Fatesバトルプランナーの土谷です。

バトルプランナーというのは、バトルのルールを決めて、
プログラマや絵描きさん、音屋さんに説明し必要なものを作ってもらい、
それが意図どおりに動くかをチェックしつつ、
必要なデータを作って、バランスを調整する・・・そんな仕事です。

今作、Ring of Fatesのバトルは、アクション性とやり込み度のアップがテーマでした。

アクションを豊富にし、戦闘のテンポを上げました。
装備品を多数用意し、特殊効果の組み合わせで変化がつくようにしました。
種族の個性をより強くして、それぞれで戦い方が変わるようにしました。
さらに、だれでも遊べるようにノーマルはやさしく、
ハード以降はバトルを深く楽しむ、という作りにしてあります。

シングルプレイモードも前作の一人旅から、仲間とのにぎやかな旅となっています。

多くのスタッフが心血を注いで作った本作は、
自信を持っておすすめできる作品になったと思っています。

すでに買われて遊んでいる方は、ぜひぜひお友達やご家族をお誘いになって、
さらに深くすみずみまで遊んでみてください。

まだ買っていない方は、この機会にお手にとって見てください。

Ring of Fatesが、遊んでいただいた方々に
少しでも素敵な時間をもたらせられれば、と心より願っています。

マルチプレイでは街の中でもワイワイ!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
バトルプランナー 土谷 雄一

COMMUNITY2007/09/12

From Creator

こんばんは、プランナーの桑田です。

今回マップの設計とメニューを担当させていただきました。
最初はマップのほうがメインだったはずなのですが、
気がつくと、いつのまにかメニューの仕事がメインになっていました。

ところで、すでにプレイしてくれてるみなさん、
魔石を選んだり仲間を切り替えるときに、指で下画面をタッチしていますか?

以前ディレクターのコメントにもあったように、このゲームのバトル中のメニューは
指タッチを前提にデザインされています。

こんな感じで指タッチしてみてください!

バトルの仕様変更などに合わせて、何度かこのメニューも作り直しましたが、
指タッチ前提だと、誤動作防止のためにタッチ範囲を広めにとる必要があり、
レイアウト上の制約も結構ありました。
また、指だとペンよりもタッチ感度がよくないため、タッチ操作部分の調整にとても苦労していましたが、
結果として、指タッチにマッチした、より直感的な操作になってよかったと思います。

もちろんタッチペンでも操作はできます。
ただ、バトル中はボタンをほぼフルに使うので、
指タッチならば、ボタン操作の状態からでも、瞬時にしかもワンタッチで
魔石や仲間を切り替えることができ、すごく便利です。

指で画面をタッチすると指紋が付いて汚れてしまうので、指タッチに抵抗がある人も
いるかもしれませんが、どうしても汚れの気になる方は、クリーニングクロスなどで
プレイ後に画面を拭いておけばいいですよ。

それから、もう一つアドバイスを。
そうびなどのメインメニュー中にSTARTボタンを押すと、
瞬時にメニューを抜けてバトルに戻ることができます。
しかも、もう1度メインメニューに入れば、いきなり先ほど抜けたメニュー画面にいくことができます。
便利なので、知らなかった人はぜひこの機能も使ってみてください。
メニューを開いているときに敵が近づいてきても、すぐにバトルに戻れるので安心です。

その他にも、意外に知らなかった要素とかがあるかもしれません。
取扱説明書も、一度よく読んでみることをおススメします。

それでは、以上のことも踏まえたうえで、より快適なゲームプレイをお楽しみください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
メニュープランナー 桑田 浩之

COMMUNITY2007/09/11

From Creator

前作に引き続きフィールドプランニングを担当しました松村です。

フィールドプランニングは、マップの全体構成から個別の小マップの地形や
仕掛けのアイデア・配置、そして登場するモンスターやボスの種類や行動などを決める仕事です。

今回、種族によって解ける仕掛けが違ったりジャンプできる高さが違ったので、
シングルプレイで仲間がやられてしまった時の対処や、
パーティー構成がその 時その時でバラバラのマルチプレイのマップの調整は、
最後の最後まで細かい作業が続きました。
マルチを一人で遊ぶ場合でも、種族によって解けないマップは無いようになっています。

さて、このnewsをご覧の皆様の中では既に見たことのある方も多いかと思いますが、
ゲーム中ある条件を満たすと、ワールドマップから選べる場所が1つ増えます。

実はここに登場するボスは今回のプロジェクトで一番最初に作ってもらったのですが、
シナリオが完成してみると出せるような場所がなくなってしまいました。
グラフィックの人たちががんばってくれたおかげで大変出来が良く、
そのまま没にするのも忍びないので、このように隠し面として、
ゲームキューブ版のFFCCで同じボスが登場するステージをそのまま再現してみました。

懐かしの川!

曲まで同じものは入りませんでしたが、
前作をプレイしたことのある方には懐かしい場所なのではないでしょうか?

マルチプレイの時には是非リルティをパーティーに入れて遊んでみてください。
(シングルプレイの時は仲間が全員そろってからがオススメです!)

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
フィールドプランナー 松村 靖

COMMUNITY2007/09/10

Director's voice

こんばんは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

8月23日のブログでも紹介しました、ニンテンドーWi-Fiコネクションに
つなげると更新されることがある『本棚』は、
もう試してみて頂けましたでしょうか。

今回は、1週間ほど前にその『本棚』で紹介しました、
"敵のミサイルや弾やメテオ等も掴んで投げ返せる"
というスペシャルテクニックを、連続写真でお見せいたします。

この要領で是非お試しください!

タイミングがとても難しいですが、友達とマルチプレイする際に
披露すると、尊敬の眼差しかも!?

現在『本棚』はもう違う内容になってしまっていますが、
今後もいろんな情報を先行して掲載していきますので、
ぜひお見逃しなく!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

COMMUNITY2007/09/07

From Staff

本日は宣伝スタッフからのお知らせです。

今月の22日(土)~23日(日)に開催される
東京ゲームショウ2007のSQUARE ENIXブースにて、
FFCCリング・オブ・フェイト試遊コーナーが出展されます。
(20日(木)~21日(金)のビジネスデイはプレス関係者およびビジネス関係者のみのご入場となります。)

今回FFCCリング・オブ・フェイト試遊コーナーでは、通常の試遊プレイの他に、
既にご購入された方へのイベントを企画しております。
詳細については後日発表しますが、
いつもマルチプレイを一緒に遊んでいる方同士や、
まだ四人でマルチプレイをされたことがない方なども、
自分の育てたキャラクターを持ち寄って、挑戦できるイベントを予定していますので、
今から、最強のマルチプレイキャラクターを準備しておいてくださいね。

もちろん、ご購入された方向けのイベント以外に、通常のマルチプレイ、
シングルプレイを体験できる試遊台をご用意していますので、
FFCCリング・オブ・フェイト未体験の方もこの機会に是非体験してみてください。

SQUARE ENIX「東京ゲームショウ特設サイトはコチラ」

イベントの詳細はFFCCNewsなどでお知らせしていきますので、
今後の情報を是非チェックしてみてください!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
宣伝スタッフ

COMMUNITY2007/09/06

From Creator

はじめまして、こんにちは!
クエストプランナーの沼倉です。
今回は数あるクエストのなかの一部分を担当させていただきました。

さてさて、既に本作を遊んでくださっている方も多いことと思いますが、
みなさんクエストはもうプレイしていただけましたか?
そうそう、あのマルチプレイモードで遊べるゲームです!
本編とは一味も二味も違った遊びがみっちりたっぷりつまっておりますので、
こりゃもうプレイしてみるが吉でございます。

私の担当したクエストはプレイヤー同士で競争するタイプのものが多かったのですが、
これがなかなか白熱する仕上がりになっちゃっております!
知略をめぐらし頭脳プレイで攻めるも良し!
華麗なアクションで他を圧倒するも良し!
ライバルとのかけひきや真っ向勝負は手に汗にぎりますよ~。
し・か・も!
クエストは参加者が多ければ多いほど面白さが倍増します。
まわりのお友達を誘って思いっきり盛り上がってくださいね!

今宵も星祭りでフィーバー♪

思い返せば、アイディア出しから実装まで、
あーでもない、こーでもないと頭をひねる試行錯誤の連続でした。
マシンの限界 ≠ ゲームの限界!と鼻息を荒くした夜もありました…
しかーし、みなみなさまに楽しく遊んでいただけたのならば、これ幸い。
あの頃の苦労もウソのよう、天にも昇り大気圏をも突き抜けるほどの喜びでございます!

多種多様な遊びが散りばめられたFFCCRoFの世界!
まだ未プレイの方もぜひぜひ手にとってお楽しみください。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
クエストプランナー 沼倉 祥

COMMUNITY2007/09/05

From Creator

こんにちは。マルチクエスト担当の岩崎です。

皆様マルチプレイモードは遊んでいただけていますでしょうか?

プレイされた方には感じていただいてるとは思いますが、
クエストにはとってもシュールなネタが多いです。

ナゼ「フィールドのいたるところにスイッチが生えているの」?
ナゼ「スイッチを入れるとモーグリ草が生えてくるの」?
ナゼ「水の入ったタルで火を消すなんて非効率的なことしてるの」?
ナゼ「牛をさらっているのが何者なのかだれも教えてくれないの」?
ナゼ「王様は自分の国で色々トラブっているのにあんなにノンキなの」?
などなど・・・。

一言で言ってしまえば
「ディレクターが、『おまかせします』と言ったので、
クエスト班で好き放題しました」
ということになるのですが・・・。

でも、世界の法則をガチガチ守ることより
シュールな世界でも、みんなでプレイしていて楽しい方がいいでしょう!
という気持ちで造りました。

ですからみなさんも
「ユーリィの家燃えてるし(笑)」とかツッコミを入れながら
クエストをプレイして、盛り上げていきましょう!

クエストに登場するシュールなネタたち

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
クエストプランナー 岩崎 秀雄

COMMUNITY2007/09/04

From Creator

はじめまして。イベントプランナーの玉川です。

Ring of Fatesでは、主にボス登場イベントなどを担当しました。

FFCC Ring of Fatesのコンセプトが『みんなで遊べるA・RPG』ということもあり、
イベントの方もみんなで楽しくワクワクしながら観てもらえるよう、がんばって作り込みました。

特に、マルチプレイのボス戦突入イベントは気合入ってます!
マルチプレイは多人数同時プレイという特性上、
時間の長いイベントを組み込んでしまうと、どうしてもゲームのテンポが悪くなってしまいます。

そのため、わずか数カット・数秒という短い間に
ボスの迫力やカッコよさ、戦闘突入前の高揚感、
そしてデザイナーさんがモーションに込めた熱い魂を
ぜんぶ詰め込むべく、リードプランナーの三枝さんとともに

「このカット、あと1秒早くッ!」「了解、まだまだッス!」

といった、秒単位での激しく熱い調整攻防が
終電ギリギリの秒単位まで繰り広げられることも日常茶飯事でした。

 迫力のあるボスシーンをお楽しみください!

もちろんシングルプレイのイベントも、とことんこだわっています。
ぜひ注目していただきたいのは「表情」によるキャラクターたちの感情表現です。

「ユーリィ・驚く」や「ミース・にっこり」といった感情ごとの顔データを
セリフやシチュエーション、ボイスの雰囲気に合わせ、
こちらも秒単位で細かく変化させてあります。

特に、幼年期のユーリィとチェリンカは
モデルやモーションがとても可愛らしく、セリフも楽しげなものが多かったので
表情もとにかく豊かに変化させるよう、何度も微調整を繰り返しました。

そんなギリギリの熱さや細かなこだわりの数々が
ぎっしりつまったRing of Fatesのイベントをぜひ、
ユーリィやチェリンカたちと一緒にゲーム本編でお楽しみください!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
イベントプランナー 玉川 哲士

COMMUNITY2007/09/03

Director's voice

こんにちは、Ring of Fatesディレクターの紙山です。

今日から新学期の方も多いのではないでしょうか。
まだシングルプレイモードしか遊んでない方も、
まわりでRoFを購入したお友達を探して(もしくは買っていただいて!?)、
ぜひマルチプレイモードを体験してみてくださいね。

さて、先日ファミ通さんから「Ring of Fates」開発チーム宛てに、
クロスレビュープラチナ殿堂入りのお祝いということで、
ドンペリを頂きました。ありがとうございます。

ドンペリといえば、カッコイイお兄さんが「ドンペリ♪ドンペリ♪」と
マイクでしゃべりながら栓を開けたりする、とても高級なシャンパンなのです。
RoF開発チームでは、誰も飲んだことがありません。

しかも、キラキラと輝くプラチナのメダル付きです。
ちょうど世界陸上で盛り上がったタイミングでしたので、
みんなでかわるがわる首にぶら下げてみたりして楽しみました。

はじめてのドンペリの味は…?!

というわけで、しばらく飾った後は、チームの打ち上げで乾杯しようと思います。

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満