COMMUNITY2007/03/30

From Creator

ディレクターの紙山です。

先日公開しましたオープニングイベント映像はもうご覧頂けましたでしょうか。
一時はアクセスしにくい状況になり、ご不便をおかけしました。

イベントにボイスが入っていますが、コンセプトとして、
シングルプレイはストーリー性を重視し、皆さんにはその世界観
や主人公達が織り成すドラマにどっぷりと入り込んでもらおう、
というのが狙いですので、必然的な流れでボイスを付けることになりました。

チーム内でも最初は必要ないのではという声がありましたが、
実際ボイスが載ってみると、やっぱりあったほうが圧倒的に良いよね、
という結果になりました。

逆にマルチプレイのほうは、自分で名前を付けたキャラクタをみんなで出し合い、
それぞれが、そのキャラクタの役柄(ロール)を演じ(プレイ)ながら自由に冒
険してほしい、というのがコンセプトですので、マルチプレイ用のイベントには
バトル以外の台詞的なボイスはありません。

そんなわけで、いわゆる"ファイナルファンタジー"を期待されている皆さんにも、
マルチプレイでワイワイ盛り上がりたいという皆さんにも楽しんでもらえる、1
粒で2度おいしいゲームに仕上がっておりますのでご期待ください。(開発は2
倍大変です)

RoF台本

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
ディレクター 紙山満

GAMENEWS2007/03/29

オープニング映像配信!



※画像をクリックでスタートします。

"FFCCNews"公開記念として今回はオープニングイベントの一部を動画で配信!

ユーリィとチェリンカのふたりが幼かった頃の日常の1コマ。
父ラトフや仲間たちの愛情に包まれ、時は穏やかに過ぎていく。
そんな毎日がいつまでも続くと思っていた幸せだったあの頃─。

COMMUNITY2007/03/29

From Creator

みなさんこんにちは。
Ring of Fatesプロデューサーの前田と申します。

オープニングイベントの動画は見ていただけましたか?
今回はよりゲームイメージに近い状態で掲載しました。

昨年末に行われた、ジャンプフェスタにお越しの方々は一足先に
体験されていると思いますが、WEB上では初公開のボイス入りです。

ユーリィやチェリンカのふたりはもちろんですが、家族や仲間達の掛け合いなど、
楽しんでいただけると幸いです。

また、INFORMATIONで告知されている通り、5月12日(土)、13日(日)
に幕張メッセで行われる「SQUARE ENIX PARTY 2007」では、
ジャンプフェスタとは違ったバージョンのRoFを体験できますので、前回プレイされた方も、
プレイしたことが無い方もぜひぜひ触りに来てくださいね~!


腕前の程は…

さてさて。

明日からは開発者に登場してもらいます。
第1回はRing of Fatesディレクターの紙山です。

簡単に紙山のご紹介。

GC版FFCCでメインプログラマーを担当し、
今作は、ディレクター兼メインプログラマー。
ものすごい量の仕事を淡々とこなしてくれます。

遊び心を忘れず、忙しいときでも、
皆を笑わせたり(なぜか打ち合わせにトランプ持参。
おもむろに手品を披露したり。)、和ましてくれますが、
時々やりすぎて痛い!?キャラ・・・。
ですが、仕事はきっちりやるので、
皆からの信頼も厚いです。

紙山に限らず、どんどん開発者に登場して
もらいますので、お楽しみに!

FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Ring of Fates
プロデューサー 前田記代子

GAMENEWS2007/03/27

ふたりを巡る運命の輪

ふたりを巡る運命の輪

元気で好奇心旺盛なユーリィとチェリンカは双子の姉弟。
物語は彼らがまだ平和に暮らしていた幼い頃から始まる―――

いつも自分を「お姉さん」だという女の子の「チェリンカ」に、
信頼を寄せつつも立場は同じだと主張する男の子の「ユーリィ」。

前向きでいつも明るいユーリィは一見何も考えていなさそうだが、実は現実主義。
反面、探検や冒険に憧れる夢見がちなところも。

チェリンカはしっかり者で、一人で突っ走ってしまうユーリィをたしなめる。
だが、口調こそ強がっているが極度の怖がり。
そんなチェリンカをからかうユーリィ。

姉弟ゲンカは日常茶飯事、だけどふたりの絆は誰よりも強い。

GAMENEWS2007/03/27

運命を共にするひとびと

運命を共にするひとびと

ともに同じ村に暮らし、双子が生まれた時から傍で見守ってきた
ユーク族のアルハナーレムとリルティ族のミース。

彼らもまた双子を巡る運命の輪に巻き込まれていく人物となる。

アルハナーレムはふたりの魔法の師。
クリスタルの力を使いこなせないふたりに勉強を促すが、
結局いつも押し切られてしまう。

ミースは錬金術の師として、
また、時には母親代わりとしてふたりの面倒を見ている。

おっとりしているが、芯が強いれっきとした大人の女性。
時折パニックを起こすこともあり、ユーリィが頭を撫でて落ち着かせているらしい。

男手一つでふたりを育てているのは、風貌はいかめしいが子煩悩な父ラトフ。
あれこれと興味を示し、すぐに小さな冒険を始めるやんちゃなふたりからいつも目が離せない。

だが、ラトフが本当に恐れていることは、いずれふたりに訪れるであろう運命の時であった─。

GAMENEWS2007/03/27

不思議な力とクリスタル

不思議な力とクリスタル
『魔法』とはクリスタルの力を自らの意志によって制御すること。
──アルハナーレム

ふたりは一人ずつでは半人前。
ふたり一緒だと、思うままに力を使うことができるが、
一人だととたんに何もできなくなってしまう。

そのことに頭を痛めているアルハナーレムだったが、当人達はお構いなし。
ふたりが離れ離れになることなんてあるはずが無いからと。

チェリンカは不思議なクリスタルを持っていた。
チェリンカだけに反応する、チェリンカだけのもの。

アルハナーレムがなくさないように、とペンダントにしてくれたが、
このペンダントも今のふたりには単なるぴかぴかのアクセサリーだった。

幼いふたりがクリスタルの力を知るのはまだまだ先のお話。

GAMENEWS2007/03/27

プロローグ

プロローグ
雷雨の中、村に忍び寄る影。
村が見渡せる場所に立つこの影の正体と意図は…。

不気味に紅く光るクリスタルを見かけたふたりの前に現れる幼い子供。
ユーリィは思わずチェリンカをかばうが…。

INFORMATION2007/03/27

FFCCNews本日オープン!

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル(FFCC)の総合ニュースを扱うオフィシャルブログ"FFCCNews"へようこそ!
FFCCNewsでは、ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイトをはじめFFCCシリーズに関する最新情報や開発者の声、様々なお楽しみ要素などを盛り込んで発信していく予定です。時にはゲーム以外の情報もお届けしていきますので、どうぞお楽しみに!オープンにあたっては"COMMUNITY"ではFFCCシリーズの生みの親、エグゼクティブプロデューサーの河津秋敏のメッセージを掲載しております。"DOWNLOAD"ではデスクトップピクチャーをダウンロード頂けます。今後ともFFCCNewsをどうぞよろしくお願いします。

INFORMATION2007/03/26

SQUARE ENIX PARTY2007出展決定

2007年5月12日(土)、13日(日)に幕張メッセ国際展示場で開催される、
「SQUARE ENIX PARTY 2007」にファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイトの出展が決定しました。

会場では双子の運命をめぐる壮大な物語をじっくりお楽しみ頂けるシングルモードと、異なった性能を持つ4つの種族を操り、最大4人で様々なクエストを攻略するマルチプレイモードを体験できます。

ご家族やお友達とご一緒に、マルチプレイモードで対戦してみませんか?
マルチプレイモードの対戦型クエストにはプレゼントをご用意してお待ちしております!

「SQUARE ENIX PARTY 2007」に関する情報はコチラでも見ることができます。
http://www.square-enix.co.jp/party07/

COMMUNITY2007/03/26

From Creator

前作ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル ゲームキューブ版を楽しんでくれた方、
お待たせしました!FFCCって何? という方も見ていってください。

FFCCシリーズ第2弾Ring of Fatesです。
直訳すると、運命の輪?指輪?
手をつないだ双子が別々な方を向いているのも、なにやら意味深な感じで、
どういう物語が展開されるのか、今から楽しみです。
ゲーム内容の方も、このサイトでどんどんお知らせしていきますので、更新をお待ちください。

ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト
エグゼクティブプロデューサー 河津 秋敏